スポンサーサイト

-----,--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

脱水の兆候と食事の見直し 

10-12,2015


前回の記事で書きましたように、実際に脱水状態とされる状況になってしまうと、皮下輸液のための通院が必要になるなど、
通院に慣れていない人にとっては、辛い状態になりますので、兆候のうちになるべく手を打てるのがベストです。

痩せてきた。水を飲む量が増えた。

この時点でその兆候があると考えるべきだと思います。勿論その原因となる疾患の可能性もあります。
猫は本来水をあまり飲みません。その猫がより多くの水を欲している事自体、身体の中で何かが起きている筈なのです。
一般には腎不全、糖尿、甲状腺などの疾患か兆候が疑われますが、先手、先手で病院へ連れて行き、検査を受けられるならそれに越した事はないでしょうね。
しかし、水を沢山飲むというだけで、普通に元気にやっている、我が家以外の世界をほぼ知らない高齢の愛猫を、いきなりキャリーに押し込み、未知の世界へ連れ出す事により、この子が受けるかもしれないショックとについて考えると、本当にそこまで必要なのか?と二の足を踏んでしまうのが現実だったりします。
元気だけど以前より痩せている、あるいは水を大量に飲む、こういう状況は割りと長く続き、日常化し、あまり気にならなくさえなると思います。私もそういうぶちを1年以上は見ていました。

動物ですから、弱っている所を見せようとはせず、一見普通に動いているので、「大丈夫じゃん?」と安心しがちですが、客観的な条件がいくつか確認できたら、対処はすべきです。病院に直行せずとも、食事を考えるだけでも違います。
とにかく脱水してからだと、今までの異変以外にも摂食や排便が困難になったり、本来飲みたい筈の水も飲めなくなるなど、必要なケアが増えてしまいます。

脱水系 > 先ずは水分ですが、人間同様、水分吸収のためには、H2Oのみではなく電解質も必要になるため、水をただガブガブ飲むだけでは脱水の対処になりません。水分の多い食事が要になってきます。

ドライ中心の場合は、ウェットか手作り食を中心にする事で水分摂取は劇的に上がりますから、これだけでも、状況が変わるかもしれません。
因みにドライ25g位をミルサーで粉砕し、水を加えながらそこそこ柔らかくなる状態まで持っていくと、猫缶1缶分くらいの質量になります。これだけ見ても如何に水分補給量が違うかがわかります。

今は、猫や犬に手作り食をあげる方はかなり増えていると思いますし、私も本来は手作り派です。ただ色んな理由で、フードを使わなかった時期は全くありませんでした。
手作り食によって、フードの時より状態が良くなったとよく言われるのは、食事そのものよりも、水分が増えたからというのが第一の理由と言えるのではないでしょうか?総合的に見れば、専門家が計算しつくしたフードの方が栄養素という意味では上かもしれません。ただそうした厳密な数値分析的なものは、過度の摂取、過度の不足、極端な偏りがなければ、生きている個体は調整する能力を持っています。ともかく、水ではないでしょうか。

普段から缶などのウェット中心なのに・・という場合は、改めて必要摂食量を見直してみては如何でしょうか?
これは私の経験ですが、これ位で十分だろう、食べ過ぎは良くない、と思ってケチケチ与えてる量が、実は全然足りてなかったりという事はあります。
フードには、体重当たり1日どれ位を与えればいいかという目安が必ず表示されています。
これは、体重当たりの必須カロリー数(これは計算式をネットで簡単に見つけられますが、3kgの猫で概ね200kcal前後です)と、そのフードの100g当たりのカロリー数から単純に計算したものと思いますが、目安、基準と考えるには十分かと思います。
猫缶はドライに比べ量当たりのカロリーが圧倒的に少ないため、必要カロリー数を満たすには、普通の85g缶(100g当たり90kcal位)であれば1日2缶以上は必要になります。高齢猫の場合、ここまで食べられない事も多いのです。逆にこれ位の量を普通に食べれていれば、脱水の兆候などもあまり見られないのではないかと思います。
カロリーを稼ぐために、ドライとウェットを組み合わせの場合、カロリーは満たしても水分が不足するなど、どこかに見直す点は出てくると思います。

猫が病気になるのに、栄養素という側面から見ると、ビタミンの不足、ミネラルの不足など様々分析はあると思いますが、一番基本的なのものは水ですし、水は飲むだけではダメです。案外こういう基本的な、当たり前な所で、愛猫が病気に至った道を変えられたのではないかと私自身思わずにはいられません。


関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。