スポンサーサイト

-----,--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

甲状腺機能亢進症が腎不全を隠している?

10-04,2015


私が最初にぶちの血液検査を受けたとき、

「腎臓の数値(CRE,BUN)は検査上正常範囲ではあるが、
甲状腺機能亢進症がある場合、腎臓の不具合が隠れてしまう可能性がある。」
と獣医師に言われました。
難しくてなんだかわからないというか、細か過ぎるような気がし、とりあえずはあまり気にしませんでした。
ともかく数値上は問題ないのですから(腎臓については)。

しかし少し調べると、甲状腺の治療に際して腎不全の潜在性は、必ず念頭に置かれる事とわかりました。
それは別に難しい理屈ではないのです。

甲状腺機能亢進症によって、体内の代謝自体は高まります。
その事で、本来なら停滞している腎臓の活動(腎不全状態だった場合)が活性化させられているため、血液検査上は正常な数値として見られる。
という事になのです。

これって「無理矢理動かされている。」と見る事も、
「必要があって代謝過剰になっている。」と見る事もできますね。

重要な事は、甲状腺機能亢進症の治療を始める > 代謝を普通の状態に戻す。
事で、腎不全が表に出てきてしまう(腎不全状態だった場合)。それを考えなければいけないという事です。

ぶちのケースでも、メルカゾールの投薬開始後、最初にモニターしたのは、T4の値ではなく、腎臓の数値(CRE,BU)でした。
もしもここで数値が上がり、腎臓病が潜在化していたという事になると、原則的には甲状腺機能亢進症の治療はできないという判断になります。
症状としては腎臓病が具現化してしまう事のほうが重く、優先度が高いからだとの事です。
腎不全の場合、状況によっては尿毒症など生命に及ぼす危険度が高いからです。

投薬から2週間後、ぶちのBUN、CREは正常でしたので治療続行となりました。

ここで、腎不全だけ特別に取り上げられるのは、ご存知のように高齢猫にとって腎不全は宿命とも言うべき疾患率の高い病気だからですが、この理屈って、腎臓に限らないのではないか?と当然考えられますよね。実際、肝臓の数値がこれで悪化するケースもよくあります。

担当された獣医の方の中には、自分の猫も甲状腺機能亢進症を持っているけども、心臓に問題があるため治療はしていない。できない。と話してくれた方もいました。
逆に、複数の薬を併用する事で、腎臓、肝臓、心臓、高血圧などの数値のバランスを取りつつ、甲状腺の治療をされている飼い主さんもいます。
ACE阻害薬などを降圧剤として併用されるケースは多いようです。こういう治療になると、相当に医師との信頼関係や飼い主さん自体の知識が高くないと難しいと私は思います。

ともかく、過剰代謝が必ずしも今の身体にとって悪とは言い切れないのが、この病気の難しさです。

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。