スポンサーサイト

-----,--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢猫が痩せる・・甲状腺機能亢進症

09-26,2015


高齢猫の痩せが気になってくる、真っ先に疑われるのが腎臓病、糖尿病。
このふたつは人間の世界でも主要な病気ですが、
もひとつ、気にしなければいけないのが、甲状腺機能亢進症です。

猫の病気に接している方にとっては聞き慣れた病名ですが、
一般にはまだあまり馴染みがなく、
これまで健康で、病気について特に気にする事もなかった飼い主さんには、
初めて聞く事も多いのではないでしょうか?

愛猫ぶちの基本疾患がこれでした。
よってこの病気について語ればそれは長くなっていまうので、
ここでは、その診断方法と基本的な治療方法についてのみ書きます。
また、ぶちの死因がこの病気かどうかも、私には判っていません。


この病気は簡単に言うと、

甲状腺ホルモンが異常に分泌される事で、
内蔵の活動、代謝が活発になり過ぎてしまいます。
よってエネルギーを過多に消費し続け、体内機能が疲弊していく、
もしくは、それを促進してしまう。


こういう症状(病気)です。

よく「24時間マラソンをしているのと同じだ」と表現されます。
当然、痩せます。水分も消費します。
もちろん人間にもある病気ですが、厳密にはバセドー氏病と同一ではありません。
バセドー氏病とは、甲状腺を刺激する自己免疫疾患。
甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの異常分泌を指します。

つまりこれ自体が死に直結するという病気ではありませんが、
それに至る、様々な合併症を起こす要因になり得ます。
何より体内の機能が疲弊していくのです。
歳をとるとはそういう事ですから、それを促進する、
寿命を縮めているといっていいかもしれません。

ただこれよりも重要な病気、腎不全、心臓病等を持つにゃんこの場合は、
治療は見合わせられるケースも多々あります。

直接的な原因は、甲状腺の肥大によるものとされますが、
ではなぜそうなるのかについては、獣医学に於いては不明とされており、
予防策というのも特にありません。(一般論です)
また、高齢になると発症が多いという特徴は定説となっています。

私自身、勉強不足でしたので、痩せ過ぎか気になって病院へ行くまでは、
この病気については殆ど何も知りませんでした。
たしかに「猫の病気」に関するどんな本にも載っているのですが、
過去、気にした事はありませんでした。

甲状腺機能亢進症:症状と診断 
甲状腺機能亢進症:治療方法

そして別途詳しく書きますが、
甲状腺機能亢進症にとって一番併せ持ちたくないものが、
口内炎です。

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。