スポンサーサイト

-----,--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢猫が食べなくなったとき

10-21,2015


食欲がない。あるいは接食量が落ちる=即病気でしょうか?

病院に猫を連れて行くと、初診、再診に関わらず、必ず食欲がどうかを聞かれます。
また、必ず体重を測りますよね。
食欲というのは動物にとっての健康のバロメーターと言われます。
また飼い主にとって最初に心配となるポイントも食欲だと思います。
では食欲がなければ即病気の兆候なのでしょうか?

先ず、切り分けとして、
食欲そのものがないのか?
何か食べたそうだが出されたものを食べようとしないのか?
(食べられないのか?)
同じ食べないにしてもこの二つでは随分症状として違いますよね。
もちろん、よりピンチなのは後者になります。

ホリスティック系の専門家や書物の中では「たまには絶食をした方が良い」という事がよく言われます。
元々自然界では、毎日食事が取れるという事はなく、動物の身体というのは、人間も含めて飢えに対する備えが出来ています。我々にとって忌まわしい内臓脂肪は正にそれですね。即ち、2、3日食事を取らないからと言って重篤になってしまう訳ではなく、むしろ絶食は、内蔵を休めるという効果に繋がり、健康にプラスとさえ言われます。
このためホリスティック系の本には、週に一度位で絶食を勧めるものさえあります。

そもそも現代生活の中にある猫と自然界を比較するのが適格かどうか?とは思いますが、
食べなくても著しく様子がおかしくなければ、それは必要があって食事を取らないようにしているのであると、あまり気にしなくても良いという事ですね。私も基本的にはそういう立場で愛猫を見ています。
何とかして食べさせようともがくよりも、脱水にだけ気をつけて、放っておくというのもありという事です。

しかしながらです。高齢猫でそれをやり、判断を誤ると一気に脱水に向かってしまいます。
重要な事は、こういう理屈も基本的には健康な猫の身体について言える事であろうという事です。

どちらの症状であるにせよ、数日食べないというのは、痩せている高齢猫の身体にとってはかなりの影響となってしまいます。

様子見して良いのか?焦らないといけない状態なのか?

その見極めとして、体重が一番の目安になると思います。
高齢猫が居るのなら、体重計を用意しておき、食べないなど様子がおかしいとき、正常時からどれだけ体重が変わっているかを把握します。

結果として、あまり体重に変化がないのなら、おそらくは見守っていていい筈ですし、
500gも減ったりしてるような場合は、とりあえず脱水の危険がありますので、一旦は病院へ行くしかないです。
その場合、絶食の是非の問題ではありません。
例えば、3.5kgの猫の体重からの500gは、全体重の1/7に相当します。
おとなの女性49kgからなら7kg減るという事です。63kgの男性なら9kgですよ。

こういう時でも、スープやミルクをせめて飲めるのであれば、最低限の栄養や水分は確保できますが、いざという時そういうものを出したからといって飲んだりはしてくれないものです。
日頃から、水以外の液体モノを飲めるように馴染ませておくと、こういうピンチの時に役立ちます。

食事を摂らない事であれこれ考え、心配し過ぎたり、逆に楽観し過ぎて失敗するより、まずは愛猫の身体がどうなっているか?
一番わかりやすい体重から、冷静に判断できるのではないかと思います。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

脱水の兆候と食事の見直し 

10-12,2015


前回の記事で書きましたように、実際に脱水状態とされる状況になってしまうと、皮下輸液のための通院が必要になるなど、
通院に慣れていない人にとっては、辛い状態になりますので、兆候のうちになるべく手を打てるのがベストです。

痩せてきた。水を飲む量が増えた。

この時点でその兆候があると考えるべきだと思います。勿論その原因となる疾患の可能性もあります。
猫は本来水をあまり飲みません。その猫がより多くの水を欲している事自体、身体の中で何かが起きている筈なのです。
一般には腎不全、糖尿、甲状腺などの疾患か兆候が疑われますが、先手、先手で病院へ連れて行き、検査を受けられるならそれに越した事はないでしょうね。
しかし、水を沢山飲むというだけで、普通に元気にやっている、我が家以外の世界をほぼ知らない高齢の愛猫を、いきなりキャリーに押し込み、未知の世界へ連れ出す事により、この子が受けるかもしれないショックとについて考えると、本当にそこまで必要なのか?と二の足を踏んでしまうのが現実だったりします。
元気だけど以前より痩せている、あるいは水を大量に飲む、こういう状況は割りと長く続き、日常化し、あまり気にならなくさえなると思います。私もそういうぶちを1年以上は見ていました。

動物ですから、弱っている所を見せようとはせず、一見普通に動いているので、「大丈夫じゃん?」と安心しがちですが、客観的な条件がいくつか確認できたら、対処はすべきです。病院に直行せずとも、食事を考えるだけでも違います。
とにかく脱水してからだと、今までの異変以外にも摂食や排便が困難になったり、本来飲みたい筈の水も飲めなくなるなど、必要なケアが増えてしまいます。

脱水系 > 先ずは水分ですが、人間同様、水分吸収のためには、H2Oのみではなく電解質も必要になるため、水をただガブガブ飲むだけでは脱水の対処になりません。水分の多い食事が要になってきます。

ドライ中心の場合は、ウェットか手作り食を中心にする事で水分摂取は劇的に上がりますから、これだけでも、状況が変わるかもしれません。
因みにドライ25g位をミルサーで粉砕し、水を加えながらそこそこ柔らかくなる状態まで持っていくと、猫缶1缶分くらいの質量になります。これだけ見ても如何に水分補給量が違うかがわかります。

今は、猫や犬に手作り食をあげる方はかなり増えていると思いますし、私も本来は手作り派です。ただ色んな理由で、フードを使わなかった時期は全くありませんでした。
手作り食によって、フードの時より状態が良くなったとよく言われるのは、食事そのものよりも、水分が増えたからというのが第一の理由と言えるのではないでしょうか?総合的に見れば、専門家が計算しつくしたフードの方が栄養素という意味では上かもしれません。ただそうした厳密な数値分析的なものは、過度の摂取、過度の不足、極端な偏りがなければ、生きている個体は調整する能力を持っています。ともかく、水ではないでしょうか。

普段から缶などのウェット中心なのに・・という場合は、改めて必要摂食量を見直してみては如何でしょうか?
これは私の経験ですが、これ位で十分だろう、食べ過ぎは良くない、と思ってケチケチ与えてる量が、実は全然足りてなかったりという事はあります。
フードには、体重当たり1日どれ位を与えればいいかという目安が必ず表示されています。
これは、体重当たりの必須カロリー数(これは計算式をネットで簡単に見つけられますが、3kgの猫で概ね200kcal前後です)と、そのフードの100g当たりのカロリー数から単純に計算したものと思いますが、目安、基準と考えるには十分かと思います。
猫缶はドライに比べ量当たりのカロリーが圧倒的に少ないため、必要カロリー数を満たすには、普通の85g缶(100g当たり90kcal位)であれば1日2缶以上は必要になります。高齢猫の場合、ここまで食べられない事も多いのです。逆にこれ位の量を普通に食べれていれば、脱水の兆候などもあまり見られないのではないかと思います。
カロリーを稼ぐために、ドライとウェットを組み合わせの場合、カロリーは満たしても水分が不足するなど、どこかに見直す点は出てくると思います。

猫が病気になるのに、栄養素という側面から見ると、ビタミンの不足、ミネラルの不足など様々分析はあると思いますが、一番基本的なのものは水ですし、水は飲むだけではダメです。案外こういう基本的な、当たり前な所で、愛猫が病気に至った道を変えられたのではないかと私自身思わずにはいられません。


ブログランキング・にほんブログ村へ

脱水時の治療と費用 輸液と点滴 

10-11,2015


脱水の傾向が疑われる段階では、食事などのケアで手も打てましょうが、
皮膚が戻らない、飲むものも飲めないなど、治療レベルになった場合、ケア、処置方法は病院での皮下輸液のみとなります。
通院については私も何かと思う所はありますが、これについてはとにかく行く以外ありません。自宅輸液という手段についても、通院という前提があった上での結果ですから。
高齢猫の場合、最低でも2週間位は通院になると思います。

ぶちの場合も、甲状腺機能亢進症より何より、まず脱水を克服しなければならない状態で、最初の1週間は毎日通院でした。
幸い当時の仕事は正午からでしたので、朝一でぶちを連れ出し、病院の前に並んでいたのですが、いざ腰を上げてみれば、大変とも面倒とも感じる事はありませんよ。
脱水するにもそれに至る体内での原因がありますから、検査結果などの結果から、何らかの治療と並行しての通院になるケースが多いと思います。

この皮下輸液というのは、動物病院でも一番多く行われるケアのひとつだと思います。
入院の必要もありませんし、一回の費用は2000円~3000円でしょうか?
ただこれをどれだけ定期的に行うかで、月当たりの費用はかなり違ってきます。
特に脱水症状を起こしている場合、当初は我が家のように毎日になる事もあり得ますので、当面の輸液費用は軽く2万円くらい行ってしまいます。
ぶちの場合も、甲状腺の検査、治療などと並行しつつ、トータルで一番費用を占めていたのは輸液の通算額でした。


ここではよく輸液とか点滴とか言われますが、どちらも本来は同じ意味です。
ヒトの治療に於いて一般に言われる「点滴」と言うのは、
静脈点滴」の事で、静脈に直接栄養成分や水分を注入する方法を指します。
同様に動物にこれを行う場合は、時間もかかるため入院を伴います。

対して、血管に直接注入するのではなく、皮膚と筋肉の間のたわみに水分を注入し、
じわじわと血管に吸収させていく動物にのみ施される方法を「皮下輸液」と言います。
一般に「輸液」と行った場合、「点滴」に対して、こちらの意味で使われる事が多いです。
人間にこれを使わないのは、動物のように皮膚と筋肉組織の間に空間がないからで、動物にとって痛い訳でも残酷な訳でもありませんのでそういう心配は不要です。

当然、静脈点滴の方が効果も上と言われますが、食事に匹敵する程の栄養分を一度に入れられる程ではなく、余程の状態でない限り、猫の治療では「輸液」が一般的になります。


脱水している猫に輸液をすると1日くらいかけて吸収されますが、それで脱水が治るというものではありません。
ただ、輸液後は愛猫にも少しパワーが戻り、食べられるようになったりの回復はあります。また、輸液には代謝を良くし解毒をサポートする効果も期待できるので、ヘタな薬よりも基本的なケアだと私は考えます。
繰り返し輸液、吸収を続ける事で、段々状況を戻していくという形になるので、我々にも根気が必要です。

輸液についてのみ言えば、純粋に水分とその他のミネラルなど電解質を注入するのみですので、薬のように副作用とかを心配する必要はないと思いますが、輸液で治るから安心と脱水を軽く考えてはいけません。
高齢の身体にダメージを与える事には変わりないので、一時だったにせよ、そこで何か起きないとも限りません。
原因となる疾患の回復も遅れますし、人間だって一歩間違えれば熱中症で深刻な事態に陥るのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

愛猫の異変行動と脱水

10-08,2015


猫の様子がおかしいと感じたとき、脱水を疑うのはとても重要だと思います。
高齢(人間の60~70歳以上)になればタダでさえ水分含有量は減ります。猫はタダでさえあまり水を飲みません。
我々より遥かに脱水をしやすい状況にある事は容易に想像できます。体内の水分が15%を切ると死に至ると言われます。
と言っても、愛猫の脱水を経験した事のない飼い主にとっては、何をもって判断するのかは中々難しいですよね。

Lr4-20140907-_DSC6020-A9001.jpg

これは、散策中のぶちを撮っていたものですが、このすぐ後に突然座り込んでいまいました。たしかに歩く様子も何となくヘンだったのです。・・辛かったんですね。私は心臓を疑って焦りまくりましたが、結果的にそれは脱水に因るものだったのです。


脱水の判断としてよく本などで説明されているのは、

背中の皮膚をつまみあげてちょっと捻り、それが直ぐに元に戻れば正常、
時間をかけないと戻らなかったり、そのままだったりすれば脱水の兆候、


これは皮膚の弾力によって水分保有率を大まかに見る方法で、獣医師も大抵こうして判断しますが、高齢猫の場合、元々皮膚の弾力が落ちている事もあり、これだけで素人が判断するのは難しいのではないでしょうか?
またハッキリと判断できる位の状態だとしたら、かなり危険な状態であり、猫も殆ど動けないでしょうから、病院に行ってると思います。
つまり、そこまでではない微妙な反応だった場合、
「なんとか戻るから(皮膚が)大丈夫じゃないか?」と考えてしまうのが私たち飼い主だと思います。

それ以外に脱水時の症状として、

・眼がくぼむ、ゼリー状の目やにが目立つ。
ただ、「くぼむ」って表現が曖昧なので、一体どういう状態なのか?判りにくいと思いますが、なんとなく眼球が奥まっているように感じられたら疑った方がいいと思います。で、風邪でもないのに透明の眼やにが出続けていたりします。

・食欲が落ちる。食べようとするが食べられない。
・飲もうとするが飲めない。
・排便困難。
・とてもしんどそうに歩く。
・歩行中に座り込んでしまう。


ここまでの症状が揃えば普通は病院に連れってますよね。もちろん行かなきゃダメです。
この中のどれかにでも当てはまるようであれば、どこが悪いのか?何の病気なのか?に思考を巡らす前に、まず症状としての脱水を疑ってみて下さい。それを救うのが最優先となります。

もちろん原因はあります。これらの状況だと、例えば口内炎とか、内蔵の疾患とかもあり得ますが、原因はともかく、脱水をしていたら食事は極めて難しくなります。
そもそも食べたり、飲んだりするのには、かなりのエネルギーを必要としますので、脱水をしている状況では、本人の欲求と裏腹にそれが出来なくなってしまいます。

排便も同様です。かなりのパワーが必要になります。
便秘でもないのに、ウンコが出せない等の場合、そのふんばりのパワーが出せなくなっている可能性大です。
出せる出せないに関わらず、ここでかなりのパワーを使ってしまうため、更に脱水の症状を加速させてしまう・・更に食べれなくなる。という悪循環になります。

以上は全て、ぶちに見られた兆候でもあります。ぶちの異変はまず食事量の落ち込みから始まりました。
あまり食べられない > 食べないからパワーが落ちる > ウンコも出せない > 落ち込む > 食べない。
こんなサイクルに陥り、やがては絶食にいきつきます。

私は歯痛が原因だと決めつけており、症状としての脱水という所を考える余地すらありませんでした。
原因は原因で治療の対策が必要ですが、脱水傾向を脱水症状にしてしまうと、加速度的に体力は弱くなっていきます。
兆候があると指摘された場合は、その日だけでなく、2日に一回位は通院して暫く皮下輸液を受けたほうが良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

甲状腺機能亢進症が腎不全を隠している?

10-04,2015


私が最初にぶちの血液検査を受けたとき、

「腎臓の数値(CRE,BUN)は検査上正常範囲ではあるが、
甲状腺機能亢進症がある場合、腎臓の不具合が隠れてしまう可能性がある。」
と獣医師に言われました。
難しくてなんだかわからないというか、細か過ぎるような気がし、とりあえずはあまり気にしませんでした。
ともかく数値上は問題ないのですから(腎臓については)。

しかし少し調べると、甲状腺の治療に際して腎不全の潜在性は、必ず念頭に置かれる事とわかりました。
それは別に難しい理屈ではないのです。

甲状腺機能亢進症によって、体内の代謝自体は高まります。
その事で、本来なら停滞している腎臓の活動(腎不全状態だった場合)が活性化させられているため、血液検査上は正常な数値として見られる。
という事になのです。

これって「無理矢理動かされている。」と見る事も、
「必要があって代謝過剰になっている。」と見る事もできますね。

重要な事は、甲状腺機能亢進症の治療を始める > 代謝を普通の状態に戻す。
事で、腎不全が表に出てきてしまう(腎不全状態だった場合)。それを考えなければいけないという事です。

ぶちのケースでも、メルカゾールの投薬開始後、最初にモニターしたのは、T4の値ではなく、腎臓の数値(CRE,BU)でした。
もしもここで数値が上がり、腎臓病が潜在化していたという事になると、原則的には甲状腺機能亢進症の治療はできないという判断になります。
症状としては腎臓病が具現化してしまう事のほうが重く、優先度が高いからだとの事です。
腎不全の場合、状況によっては尿毒症など生命に及ぼす危険度が高いからです。

投薬から2週間後、ぶちのBUN、CREは正常でしたので治療続行となりました。

ここで、腎不全だけ特別に取り上げられるのは、ご存知のように高齢猫にとって腎不全は宿命とも言うべき疾患率の高い病気だからですが、この理屈って、腎臓に限らないのではないか?と当然考えられますよね。実際、肝臓の数値がこれで悪化するケースもよくあります。

担当された獣医の方の中には、自分の猫も甲状腺機能亢進症を持っているけども、心臓に問題があるため治療はしていない。できない。と話してくれた方もいました。
逆に、複数の薬を併用する事で、腎臓、肝臓、心臓、高血圧などの数値のバランスを取りつつ、甲状腺の治療をされている飼い主さんもいます。
ACE阻害薬などを降圧剤として併用されるケースは多いようです。こういう治療になると、相当に医師との信頼関係や飼い主さん自体の知識が高くないと難しいと私は思います。

ともかく、過剰代謝が必ずしも今の身体にとって悪とは言い切れないのが、この病気の難しさです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。